toggle
2019-01-10

メンタリストDaiGoさんを読み解く(5)条件付け

メンタリストDaiGoさんを読み解く(1)
メンタリストDaiGoさんを読み解く(2)
メンタリストDaiGoさんを読み解く(3)
メンタリストDaiGoさんを読み解く(4)
のつづきです。

Day&Monthナンバーは、マンガラ・ビルソンさんによると
条件付けの数字になります。
(生年月日の月と日を足して1桁にしたもの)

幼少期から青年期にかけて、両親や周りの人にいわれた言葉が潜在意識に植え込まれ、
無意識にパターンになったものです。

第一ピナクル(0歳から30歳くらいまで)ではこれが自分だと思い込んでいますが、
本当の自分ではありません。

ある条件の時に発動するので「条件付け」と呼ばれています。

Day&Monthナンバーの解釈は、数秘業界では様々で、
誕生数秘学のはづき虹映さんは
”チャレンジナンバー”と呼んで、「未来のあなたがわかる数字」とされていますし、
「両親の期待がこもった目標の数字(だから苦手)」と読む方もいます。

私的には、マンガラ・ビルソンさんの解釈により
条件付と読むのが一番しっくりきています。

DaiGoさんの条件づけナンバーは6。
「責任」に対する無意識における過剰反応があります。

責任を持たなければならない。
調和を持たなければならない。
という思い込みがあったりします。

これは「正しくあらねばならない」というマインドにもつながります。
自分の直感や感性よりも正しさが優先するのです。
これを続けているとやりたいことが分からなくなる…

あと、不透明なことを明らかにしたいとも思います。
白黒つけたがるのです。

これは長所でもあり、ときに自分を苦しめる短所でもあります。
やりたくてやっているのではなく、やらずにはいられない。
だから逆をいうと、クリアにならないと先に進めないのです。

グレーのままで進めた方がいい場合もあります。
進めていくうちにわかることもあるので。

条件づけというのは、幼少期の両親の影響などで起こります。
本来であれば成長の過程でこれを克服して、
真の自分らしさを取り戻すべき数字になります。

DaiGOさんの場合は、コアナンバーにも条件付けの数字をもっていますので(ソウル数6)
条件付けの落とし穴にはまりやすくなります。

が、この数字をクリアしたら、ソウルの資質が大きく花開く可能性があります。


関連記事