toggle
2019-01-05

願望達成法を考える

世の中には様々な願望達成法があります。

本田健さんの分類によると、大きく5つに分けられます。
1)目標達成型
2)展開型
3)お祈り型
4)引き寄せ型
5)決めた未来型

1)目標達成型

目標を細分化して、紙に書くというもの。
毎朝TO DOリストを作るようなタイプ。

確かにこれをやれば確実に目標に近づきますが、
そもそもこれができますか?という話。

セミナーで健さんがおっしゃっていたのですが、
世の中の成功本でこのパターンが多いのは、
そもそも本を書くという作業ができるのは、
目標達成型の人に多いからだということです。

だから、これをちゃんとやれれば願望達成できますよ。
書籍でも、あの手この手で「これならできる」といった情報が
紹介されていますけどね・・・
でも、できる人って一部なのではないでしょうか。

数秘でいうと、4のタイプ。
ご自分に、特に強みの数字に4があったら、
これでいけます。

そうでない方は、よほどのモチベーションがないと
厳しいかも。

2)展開型

これは、心に従ってやっていくというパターン。
ワクワクすると動けるというもの。
アート系の方に多いようです。

空想が得意な方には向いているかも。
数秘でいう3とか5ですね。

2)の目標達成型とは真逆の才能が必要そうです。

だた、この空想も苦手な方は苦手。
ワクワクってなんですか?みたいな。

あと、行先がわからないと不安な人には向きません。

3)お祈り型

本田健さんは、このタイプはすぐ見分けられるとおっしゃっていました。
みんな手首にじゃらじゃらつけているので!

神社系が主なタイプです。
お祈りの仕方をレクチャーしているような。
天然系が多いそうです。
だいだい28-35歳くらい。

よくみると、大成功している人はこのタイプだとか。
もちろん、目標達成型の方も神社にお参りしたりされる方も多いようですけどね。
信じたモン勝ち、でしょうか。

私も神社が好きでよく行くし
御朱印帳も集めているし
おみくじは神様からのメッセージだと思っているから、
苦笑・・・ですけど。

でもまあ、神社で感謝するにしても宣言するにしても、
自分の中とのつながりですから、
そう悪くないと思います。

数秘でいうと得意なのは、7あたりかな~
1の人もやってるかもな~

4)引き寄せ型

引き寄せといえば、『ザ・シークレット』
ロンダ・バーンによる2006年に出版された自己啓発書。
この関連の本はかなりの数が出版されています。

要は、自分の考えを変えれば望む結果が得られるというもの。
最近では、量子力学により「波動」という説明がされています。

これだけたくさんの本があるということは、
上手くいかない人が多いから。

うわべだけをまねしてもなかなか引き寄せは発動しない、
ということですね。

イメージして、と言われても
できる人とできない人がいますから。

5)決めた未来型

本田健さんによると、決めた未来型願望達成法には
5つの特徴があります。

1)先に行きたい未来を選ぶ
2)自分の宿命と向き合う
3)心のワクワクを追いかける
4)シンクロニシティを読み解く
5)運ばれるように願望を実現する(お任せする)

つまりは、「もしそれが道ならば、必ずそれは開かれる」
ということ。

目の前に3つの選択肢があるとします。
1つは今のままの人生の延長、
2つめは最高の人生、
3つめは最悪の人生。
どれを選んでもよいのです。

でも、「ありえないくらい最高の人生ってどんなもの?」って聞かれても、
パッと思いつかなかったりする。

それじゃあ、そちらには行けないのです。
一方の最悪の人生は、詳細に描けたりして・・・

好きなことをやる人生と、
好きなことをやらない人生。
どちらがいいですか?という話。

当然、好きなことをやるにはリスクもあるし、
恐怖と向き合わなければいけません。

いずれにしても、ご自分の特性をよく見極めて、
自分に合ったことをやった方がいいですね。


関連記事