toggle
2019-01-08

メンタリストDaiGoさんを読み解く(3)Type2

メンタリストDaiGoさんを読み解く(1)
メンタリストDaiGoさんを読み解く(2)
のつづきです。

今回はアイオンズ数秘のチャートから
その他の数字(TypeⅡ)を読み解いてみます。

Creation(創造する力、何かを生み出す力):3
感情をストレートに表現する創造性、人に何かを伝えていく人。人に光を当てていく能力があり、相手に波長を合わせるのが上手です。

Growth(魂の成長、何かを成長させる力):6
人、環境、全ては経験という学びのために存在します。あるがままを受け入れることを自分に設定して生まれています。6は客観性というキーワードがあり、動かないで物事を見極めて達観することを目指してきます。

Maturity(完成度、成熟度、集合意識へのシンパス):0
0ということは、何もしないか、無限の集合体とつながることの可能性もあります。

Lead(リーダーシップ、牽引する力、人をどう導くか:4
支援という立場から、ものごとを形成する役割があります。ルールを作る、もしくは支援。強靭さと忍耐強さで人々をバックアップします。

Support(サポートする力、何かを支援する力:4
家族や親族、親子関係を尊びます。幼少期の家庭の問題などから人をサポートすることができる人になります。「〇〇やってはいけない」という思いこみがある場合も。

Make Mood(雰囲気を作る力):1
“活気づける力 起爆剤 全体を牽引する Power オリジナリティな演出 / 時に突出
・起爆剤的に活気づくムードを作ることができ、先頭切って盛り上げます。オリジナルな演出ができますが、時に突出し過ぎることも。

Body(身体、身体の持つ創造的バイブレーション):4
医療、看護、介護、などの医療系に携わっている人が多いようです。施術者になるなら、鍼灸などのように習って免許取得するものがよいです。地道な訓練が得意なのでスポーツ選手も。リラックスや呼吸法のためには太極拳やヨガがおすすめです。頑張り屋さんが多いので、頑張り過ぎないこと。

Emotion(情緒、感情の現れ):1
子どものようにピュアで創造の爆発的エネルギーがあります。いわゆる改革者タイプ。エネルギーがうっ積している時は、快楽や嗜好品におぼれやすくなります。

Intelligence(知性、知的才能とそれをどう役立てるのか):4
優等生秀才タイプ。有能な構成能力と分析能力、明晰かつ俯瞰的視点があり、こつこつ粘り強く確実に課題をこなします。全体のバランス感覚もよいです。

●考察
Daigoさんの数字の特徴としては、バランスが-10という極めてまれな数字を持っていることです。バランスがマイナスというのは、後天的にたくさんの資質を経験から学ぶ人です。それが-10ということは、かなりの経験をするということなので、少々大変な人生かと思われます。

また、魂の成長を表す数字が6というのも際立っています。全てのことが経験という学びのために存在し、あるがままを受け入れることを設定して生まれているようです。

成熟度を表す数字が0というのも珍しく、これは物事を感知する能力がゼロ、もしくは無限の集合体と繋がっている可能性を示しています。

Daigoさんは、幼少時は8年間に渡りいじめを受けていたそうです。そしてある時、母親をバカにされた怒りで突発的に工作室に落ちていたナタを投げたら、周囲の反応が一変したそうです。そこで、自分の行動一つで世界は簡単に変えられると考えるようになったそうです。まさに経験から学んだという事例です。

大学では、人の心を作ることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを専攻され、著書にも『人の心を自由に操る技術』、『相手を意のままに操る「話し方」入門』『運は操れる』といったものがあります。このあたりで、無限の集合体と繋がっている方なのではないかと推測しています。

メンタリズムのパフォーマンスでテレビに出始めると、一躍人気者になります。ところが2013年に「今の自分は本当の自分じゃない。今自分がしていること(パフォーマンス)は本当にやりたいことではない。今いる場所(芸能界)は自分がいるべき場所じゃない。」と思い、引退宣言をしてしまいます。

ちなみに現在は企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家、大学教授としても活躍中です。


関連記事