toggle
2017-05-22

私が数秘でお伝えしたいこと その2(パートナーシップ)

パートナーシップを読み解く

私が数秘でお伝えしたいこと その1の続きです。

3つの数字は、個人の性格を読むだけでなく、
パートナーやグループの
人間関係を読み解くのにも使えます。

たとえば私、調整・展開の数字しか持っていないので、
0からスタートするというのが苦手。

そこで救世主として現れるのが
すうじの学校でタッグを組んでいる
さえこ先生です!!

バランスボックス

赤い○は私の数字。
さえこ先生は青い○。
こんな風に○を重ねていきます。

するとどうでしょう。
必要なところにうまく入りました!!

1行目担当はさえこ先生、
2行目担当はワタクシ、
というかんじです。

お互いにないものを持っているので、
ぶつかることなく物事が進み始めました。
しかもふたりとも、超リーダータイプ(縦の列)なので、
決めることはできるのです。

あ。それでも3行目がありませんね。
まとめ役がいないので、
まあ失敗もあるかもしれませんが、
そこは経験で頑張るということで。

さらに2人共、
左の縦のライン(ムードメーカー)の数字がないので、
2人で話していて、
きゃっきゃと盛り上がることはありません。
しかもちょっと馬力に欠けるかも。

これで「8」が入ると完璧なので、
8はアクセサリーなどの数字で
取り入れています。

このように、
数字を見れば、誰と組めばいいのかが一目瞭然。
それぞれの役割分担もわかります!

もちろん、もっと詳しく見るには
東洋占星術を駆使した方がよいのですが、
目安としてはかなり使えます。

数字を知ることで、
余計な衝突はなくなるし、
どうしてわかってくれないんだろうと悩むこともなくなります。

ぜひセルフケアとして、ご自分で使えるようになってくださったら
いいなあと思っております。


関連記事