toggle
2017-02-02

春分の日や二十四節気って、誰がいつ決めるの?

春分の日や二十四節気

国立天文台は、2月1日に「平成30(2018)年暦要項」を発表しました。

暦要項(れきようこう) は、毎年2月の最初の官報で翌年の分を発表しています。
暦要項には、国立天文台で推算した翌年の暦を掲載しています。

暦というのは

    国民の祝日
    日曜表
    二十四節気および雑節
    朔弦望
    東京の日出入
    日食・月食など

です。

2018年の春分の日、秋分の日は、
それぞれ3月21日、9月23日になります。

春分の日というのは、wikipediaによると

日本の国民の祝日の一つであり、春分日(天文観測により春分が起こるとされる日)が選定される。
通例、3月20日から3月21日ごろのいずれか1日。

しばしば、「昼と夜の長さが同じになる。」といわれるが、実際は昼の方が長い。

とのこと。

春分の日とか秋分の日って、
国立天文台が決めていたのですね。

国立天文台というのは、
1988年に設立された大学共同利用機関法人 自然科学研究機構。

詳しい状況や予報については、
国立天文台 天文情報センター 暦計算室ウェブサイト』で調べることができます。

暮らしに暦を取り入れたいですね!


関連記事