toggle
2016-12-17

皇居勤労奉仕に行ってきました

皇居勤労奉仕、3回目の参加となりました。
今回は年内最後の回です。

皇居は、天皇誕生日の一般参賀とお正月の準備に
多くの方々が働いておりました。

かなり寒くはありましたが
まだ紅葉も残っていて、椿も咲いていて、
道は、銀杏やカエデの落ち葉の絨毯で
この時期ならではの風景でした。

前日は気管支炎でご公務を休まれていた
皇后陛下の御会釈も賜り、
改めて「勤労奉仕」の役割の大きさを知ることに。

被災地を支援する団体の方も参加されていたので
天皇皇后両陛下のご心配されるお姿に涙。
皇后陛下の「ありがとう」の言葉の響きに涙。

勤労奉仕をするまでは
天皇陛下のお役目もよく知らず
慌ててて憲法を読みなおしたりしておりました。

人間の肉体を持ちながら、神に仕え
ただただ日本国の平和を祈る日々。
それはそれは激務だと聞いています。

皇居内にある宮中三殿の扉がちょっとだけ開いていて
日本一神聖な場を垣間見させていただきました。

究極のパワースポット。
浄化され、パワーをいただいております。

ご縁がなければありえなかった勤労奉仕。
ご先祖を代表して参加しているのだと言われました。
日本を作ってくださった方々に
今も見守ってくださっている神々に
感謝。


タグ:
関連記事