toggle
2016-11-23

新嘗祭と勤労感謝の日と新米と

img_7239.jpg

11月23日は、勤労感謝の日

勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨として、
1948年(昭和23年)に制定されました。

11月23日は、元は新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日。
戦後のGHQの占領政策によって、「勤労感謝の日」となってしまいました。
米国の Labor Day と Thanksgiving Day を併せた意味なのだとか。
が、勤労感謝といわれても、なんだかピンときません。

新嘗祭は、「新」は新穀を「嘗」は奉ることを意味し
もともとは五穀の収穫を祝うものでした。
飛鳥時代の皇極天皇の時に始まったようです。

1872年(明治4年)までは旧暦11月の2回目の卯の日に行われていたのが、
1873年に太陽暦(グレゴリオ暦)が導入されたときから
11月23日に固定して行われるようになりました。

新嘗祭は宮中祭祀のひとつで、
毎年11月23日に宮中を始め、日本全国の神社で行われています。

宮内庁の公式サイトによると
「天皇陛下が、神嘉殿において新穀を皇祖はじめ神々にお供えになって、神恩を感謝された後、陛下自らもお召し上がりになる祭典。宮中恒例祭典の中の最も重要なもの。天皇陛下自らご栽培になった新穀もお供えになる。」

また、神社本庁のサイトには
「皇室の弥栄と国家・国民の安泰を祈り11月23日に行われるお祭りで、大祭にあたります。祈年祭の対をなし、一年間の収穫や発展・充実を感謝するお祭りです。」

これに先立って、伊勢神宮では10月15日から25日まで「神嘗祭(かんなめさい)」が行われます。

伊勢神宮のサイトによると
「神嘗祭は、その年に収穫された新穀を最初に天照大御神にささげて、御恵みに感謝するお祭りで、由貴大御饌と奉幣を中心として、興玉神祭おきたまのかみさい、御卜みうら、御神楽みかぐらなどの諸祭を行います。」

神嘗祭は、年間1500回に及ぶ神宮の恒例のお祭りの中でも、最も重要なお祭りです。

伊勢神宮でまず、神嘗祭として諸神に先立ち収穫の感謝を天照大神に捧げ、
翌11月に天皇陛下新嘗祭を行われて、天神地祇すべての神々に収穫を感謝されます。

収穫感謝のお祭りが11月下旬に行われるのは、
東北や北陸などの収穫を天皇が待っておられると説明されているそうです。

本来は、新嘗祭まで新米を口にしない風習がありました。
だって、神様ファーストですものね。
なので今日は、新米を食べ始める日!


関連記事