toggle
2016-06-30

伊勢神宮の「夏越の祓」

夏越の大祓

6月30日-7月1日で伊勢神宮に行ってきました。

目的は、30日の内宮での「夏越の祓」を見学すること
1日に二見浦で夫婦岩の間から昇る日の出を見ること
お朔日参り&赤福の朔日餅を買うこと。

夏越の祓

夏越の大祓

6月の大祓(おおはらい)は「夏越の祓」とも言われ、
古くから12月の大祓と共に全国の神社でも行われています。

伊勢神宮では、参拝者が茅の輪をくぐるのではなく
大宮司以下の神職・楽師を祓い清める儀式をします。
また同日神宮司庁等ですべての神宮の職員を祓い清めます。

16時ちょっと前に、太鼓の方を先頭に、神職がずらりと歩いてやってきます。
ざっざっざっと砂を踏みしめる音が響きます。

目の前を通り過ぎて祓所へ。
音が何も聞こえないので、詳細は分からないのですが、
粛々と儀式が進められているようです。

全員に榊を配り、祝詞をあげられたようです。

帰りは小雨がぱらついていたので
傘をさしてお戻りになったのですが、それもまた素敵で。

日本っていいなーと思ったのであります。

夏越の大祓


関連記事