toggle
2016-07-12

生年月日から分かること-生まれ年の合計が9の場合

生年月日からわかること

数字使いでは、生まれた日、月日、年月日の3つの数字から
性格、資質、運命などを読み解いています。

生年月日(誕生日)からわかること

生年月日を使うのは、
すべての赤ちゃんは
その日を自ら選んで生まれてくる
と考えているからです。

例えば 生年月日 1962年7月10日 の場合

●1stナンバー
日にちを一桁づつ足します
1+0=1

●2ndナンバー
年・月・日を一桁づつ足します
1+9+6+2+7+1+0=26
2+6=8

●3rdナンバー
月・日を一桁づつ足します
7+1+0=8

この場合の3つの数字は

1・8・8

と、なります

2ndナンバーと3rdナンバーが同じ数字です。

では 生年月日 1962年7月11日 の場合

●1stナンバー
日にちを一桁づつ足しますが
11、22、33の場合は、2、4、6にせずぞろ目を適用します
なので11

●2ndナンバー
年・月・日を一桁づつ足します
1+9+6+2+7+1+1=27
2+7=9

●3rdナンバー
月・日を一桁づつ足します
7+1+1=9

この場合の3つの数字は

11・9・9

と、なります

やはり、2ndナンバーと3rdナンバーが同じ数字です。

本来の自分をあらわす3つの数字

生まれ年の合計

ここで注目したいのは
1+9+6+2=9 ということ

98 は 9+8=17
1+7=8

97 は 9+7=16
1+6=7

96 は 9+6=15
1+5=6

のように、9は
自分は消えて相手の数字に
変わってしまうのが特徴。

なので、生まれた年を1桁づつ足してになる場合は
皆さん、2ndナンバーと3rdナンバーが同じになります。

生まれた年が
1908年、1917年、1926年、1935年、1944年、
1953年、1962年、1971年、1980年、
2007年、2016年
の方が、これに当たります。

2ndナンバーと3rdナンバーが同じ場合の特徴はこちら>>
https://numberstory.net/?p=495


関連記事