toggle
2016-05-12

古事記の中の3・5・7

214

我が国最古の古典である「古事記」には
この世の成り立ちと生まれてきた神々のことが書いてあります。

古事記によると
まず、「造化三神(ぞうかさんしん)」が登場します。

アメノミナカヌシ
タカミムスヒ
カミムスヒ

3柱です。

造化三神に続いて生まれてきたのが

ウマシアシカビヒコヂ
アメノトコタチ

ここまでが「別天神五柱(ことあまつかみごはしら)」。

別天神五柱に続いて誕生したのが
神世七代(かみよななよ)」の7代12柱。

クニノトコタチノカミ
トヨクモノノカミ
ウヒヂニノカミ・スヒヂニノカミ
ツノグヒノカミ・イクグヒノカミ
オオトノジノカミ・オオトノベノカミ
オモダルノカ・アヤカシコネノカミ
イザナギノカミ・イザナミノカミ

215

3・5・7とまとめたのは
奇数を陽の数として尊ぶ中国思想によるそうです。
(数秘の陰陽とは異なります)

2・4・6・8は陰の数字。
陰は割り切れるので弱いと考えられていました。

1・3・5・7・9は割り切れないから強い。
なので祭りは、1月1日、1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日など
陽の数字の時が多いということです。


タグ: ,
関連記事