toggle
2016-04-14

お金で買える幸せ、買えない幸せ(その1)

163

いろいろ整理していたら昔のメモが出てきました。
これ、深いです。
2013年01月26日(土) に開催されたヒーラー高田大輔氏のセミナーの記録。

●言霊の魔法
睡眠時間が短いとき、◯時間しか眠れなかったといちいちメモると寝不足になる。
「あー。よく寝た」と言って起きれば、脳は騙される。

●始末とは、始まりと終わり。
脳は句読点の直前を認識する。だから最後は「あーたのしかった」で言い終える。
これでエネルギーの節約になる。
幸せは物理学?

●自分が克服したことは、パッケージ化するとビジネスになる。
開業する時にリスクから考えるのは、一般常識。ヒーラーはメリットしか考えない。
エネルギーの開発は簡単♪

●ハートα(後ろの存在)にアクセスする方法=自己対応
アドバイスしてもらうクセをもつ。

聞き方:「自分にとって多すぎるものと少なすぎるものはなんですか?」
→多いものは減らし、少ないものは増やす。

これをずーとやっていると、あるときスパンっと潜在意識につながる。

●パワースポットは人それぞれ。
ピン!ときたものがパワースポット。
自分に欠けているものに入った時、パワーになる。
お腹がすいた時のおにぎりとか。

●ベストな選択
・私はベストを選択してきた
・私はベストを選択している
・私はベストを選択し続ける
ベストと認めるべし。

●究極のヒーリングとは、理解なり。
知れば怖くなくなる。

●設定とは、こうなりたい、というゴールを決めること。
(誤差は20%くらい)

●いじればいじるほど問題は大きくなる(問題視)
過去の生い立ちや困ったことを相談するたびに、それを思い出して最新情報にしている。
心配しない、と決める。

心配がなくなると、退屈になる。
暇は苦痛なので、わざわざトラブルメイクする。

それよりも、「よかった日記」をつけよう。

●クライアントのタイプ
1 戦士:戦うのが生きがい。休息が嫌い
2 トラブルラバー:トラブルが趣味
3 メモラー:過去にあったことを細かく覚えている
 ↓
魔法の言葉:思い出した時、「そういう自分が好き」と言う。

すごく大変なときに「これは私のキャパの1/3♪」と言うのもいい。

164

●セルフヒーリングの方法:L&Dメーター
ダークサイドに触れている針を、ライトサイドにくっと動かすだけ。
妥協と受容は大違い・・・

●ギャラの法則:誰でも出来る仕事はギャラが安い
人ができない仕事で、売れるものをやる。

●シーソー夫婦の法則:片方が下がると、片方は上がる。
相手が落ちているなと思ったら、自分がクヨクヨしてみる。
(励まそうとするより、自分が落ち込む)

●カラダの疲れは、不完全燃焼によるものが大きい。
一度ヘトヘトになるといい。

●不幸のシュミレーションはもぐら叩きゲーム
終わらない。問題が後から後から出てくる。
なので、参加しない。

●一流と超一流の差は、忘れること。
不要なものは捨てる。いじらない。

●ニンジンがあると走る。
自分にとってのニンジンが何かを知ろう。

●すべて自己責任
自分が変われば、すべてが変わる。

●お金より時間が大切
余命のシュミレーションをしてみる。

●過去話、暗い話はしない
そうでないと、明るい話と未来の話をしなくなる。

●OUT and INの法則
先に与えると、与えられる。

165

●エネルギーはプラスかマイナス
プラスにはマイナスが、マイナスにはプラスがくっついている
空腹がないと、満腹はない。
プラスは、マイナスがなければ存在しない。
プラスしか見ない。マイナスの中のプラスを見つけてそれを見る。

●病院はディズニーランド
究極の暇つぶしは病気。
健康でなければ病気にならない。
食べたいものが、健康食

●この世の中に失敗はない。
プランAかプランB。
どちらもメリット・デメリットがある。

●不得意なことはやめる
特に35歳過ぎてからはムダ!

●営業日はリズム感
起きる時間や寝る時間を決めると、エネルギーのロスが減る。

●引き寄せで最大限の力を発する言葉は「病気」
だから、貧乏は病気、肥満は病気、と言っていると、一生懸命治そうとする。

●設定ノートを作る
欲しい収入とか似合う男性とか、物欲でも環境でも、書き出す。
設定は4週間固定されないと働かない。

ポイント:日付をふること。
その後、ワクワクしている時のみ開いてニヤニヤする。
義務になるとブレーキがかかる。


関連記事