toggle
2016-04-04

数字使い的・人生サイクルの考え方

149

数字は9年周期。

自分の一生も、メインステージを
Stage1からStage9までの9年x9つのサイクルに分けてとらえます。

1創造 Stage1(デビュー)・Stage2(協調)・Stage3(創造)
2発展 Stage4(土台)・Stage5(変化)・Stage6(愛)
3成熟 Stage7(自己)・Stage8(充実)・Stage9(貢献)

たとえば私の場合はこう↓なります。

My Timeline

*サイクルはエンジェルナンバーによって変わります。
*お誕生日以降、その年のサイクルになります。

自分が今、人生のどこのサイクルにいるのか。
そのサイクルが始まる年に何をしていたのか。
どの年にどんな花を咲かせて、どんな実を得るのか。

私の場合は、今年の誕生日まで、Stage5(変化)にいます。

ということは、大きく見ると、
人生の中盤:2(発展)の27年サイクルの最後の方にいて、
次の27年サイクルをどう過ごすかを考える時期です。

キーになるのは、1993年に始めたことです。

142

種を蒔かなければ花は咲かないし、
蒔いた種の花しか咲きません。

チューリップの種を蒔いたのなら
どんなに待ってもバラの花は咲かないということです。

今は、芽が出るのを待っている時期なのか、
それともぐんぐん育てる時期なのか、
もしくは剪定するときなのか、
そんなことを数字が教えてくれます。

人生はすべて意図で決まります。
さて、どんな花を咲かせましょうか。


関連記事