toggle
2018-02-02

国立天文台が平成31(2019)年暦要項を発表しました。

暦要項

国立天文台が、2月1日に「平成31(2019)年暦要項」を発表しました。

国立天文台では、国際的に採用されている基準暦に基づいて、
太陽・月・惑星の視位置をはじめ諸暦象事項を推算し、
「暦書」として「暦象年表」を発行しています。

ここから主要な項目を抜粋したものが「暦要項(れきようこう)」です。
つまり、国立天文台で推算した翌年の暦ということです。

毎年2月の最初の官報で翌年の暦要項を発表しています。

主な内容は
・国民の祝日
・日曜 表
・二十四節気および雑節
・朔弦望
・東京の日出入
・日食
・月食など

2019年の春分の日、秋分の日は、それぞれ3月21日、9月23日になります。

暦要項、暦象年表の内容は、暦計算室ウェブサイトで見ることができます。

*2018年の十干・十二支・九星・旧暦・二十四節気と雑節がわかる
カレンダーをプレゼント中!

2018年カレンダー


タグ:
関連記事
【こよみ開運】無料7日間メールレッスン
ブレない私になるための暦からのメッセージ、 暦から読み解く毎月の運気予報、 運気の流れに乗るための開運習慣 などをお届けします。

【すうじ開運】無料10日間メールレッスン
生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を 1から10までお話します。 これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります! お申し込みはこちら>>

すうじ開運