toggle
2018-01-10

2018年1月10日のこよみ語り(水泉動)

2018年1月10日(水)
今日の六十干支(十干十二支・干支)は壬寅(みずのえとら)

壬は水の陽・大河や海 
寅は木の陽・大木に芽が出るとき 

壬 寅

壬寅は
雪解けの奔流
直感力が鋭い
思慮深い哲学を持つ
自意識過剰で、野心家
音楽や絵画に才能がある
海外雄飛の運

水泉動

今日の七十二候(しちじゅうにこう)は、「水泉動(すいせん うごく)」
地中で凍った泉が動き始めるときです。

二十四節気(にじゅうしせっき)の「小寒(しょうかん)」の次候になります。
小寒は、寒さが本格的になる頃。

二十四節気は、1年を24等分し、その分割点(節気)を含む日に
季節をあらわす名称をつけたもの。

七十二候は、二十四節気をさらに5日(または6日)づつ、
3つ(初候、次候、末候)に分けた期間のこと。
七十二候の名称は、気象・動植物の変化を知らせる文になっています。

そういえばOL時代、季節の挨拶を書くときに
色々調べていたような・・・


関連記事