toggle
2016-03-18

3つの数字の読み解き(左と真ん中が同じ数字の場合)

数字使い
 
生年月日から導かれる3つの数字。
コチラの記事では右と左が同じ数字の場合を
●○●
書きましたがそのつづきです。

読み方は
1stナンバー(左の数字)→ 自分の得意なこと、強み
2ndナンバー(真ん中の数字)→ 本質、メインとなる性格
3rdナンバー(右の数字)→ 人生かけての目標・苦手なこと
 

左と真ん中の数字が同じとき

●●○
強み(得意なこと)と本質が同じということ。
それをやりきっちゃうというかんじです。

人は3つの強みを持って生まれてくるとして
そのうちの2つが同じだと、2つしか持っていないと、
ちょっと残念な気がするかもしれませんが、
2つあるということは、それを極めるということ。
いいとか悪いはありません。

089
 
また左の数字は30歳までの自分、
真ん中の数字は30歳から60歳くらいまでの自分
を表しているということもできるので、
ブレない、ともいえます。

ただし目標について結果を急ぎ過ぎるという面もありますので
意識しすぎないことが大切です。
 


イベント予定

チェック2018年3月9日(金)10時から13時 数字を味方にするためのコラージュフォトつくり

関連記事
【すうじ開運】無料10日間メールレッスン

生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を
1から10までお話します。
これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります!
お申し込みはこちら>>