toggle
2018-01-05

2018年1月のこよみ予報

2018年1月のこよみ予報

カレンダーでは2018年が始まっていますが、干支暦では今月はまだ2017年。
2018年は2月4日からとなります。

1月は癸丑(みずのとうし)
5日から始まります。

癸(みずのと)は、水の陰、晩冬。
雨露、雨水とか用水路の水を表します。

丑(うし)は土の陰、1月の凍った田んぼ。
万物が縛られた物を解き、成長を始める状態です。

癸丑は、水の陰と土の陰が合わさるので、陰が極まります。
2017年は一白中宮で寒い年ですが、寒さは1月が底。

今月は目立った動きはないですが、寒さに耐えて、目が出るのを待っている時期です。
マイペースで実務に励むのが吉。

5日から11日までは辰巳天中。
辰巳天中の期間は、夢を追いかけるよりも現実的なことや物質的なことに目を向けるのが吉。

12日から21日までは寅卯天中。
寅卯天中の期間は、母親や兄弟、友人に頼らず、何事も自力で進めることで運勢が向上します。

22日から31日までは子丑天中。
子丑天中の期間は、親や上司など年長者の恩恵が少なく、逆に年下からは慕われます。

それぞれの天中殺の方はこの間は気をつけて。
また、天中殺が切り替わる前後の日も、注意が必要です。

17日の新月から土用入り。
土用の期間は乾燥しているので、大掃除に適しています。
年末に大掃除が出来なかった方は、この時期にぜひ。
断捨離して、大変化の2018年に備えましょう。


関連記事