toggle
2017-12-28

2017年12月28日のこよみ語り(正月三が日の過ごし方)

2017年12月28日(木)
今日の十干十二支は己丑(つちのとうし)

己は土の陰・耕された畑
丑は土の陰・万物が縛られた物を解き、成長を始める状態

己丑は
雪に埋もれた田畑
非常に運がよく、能力にあふれる
忍耐力がある
長い年月をかけて大成する
温和な性質で、穏やかに暮らしたい
黙々と人生を歩む人

正月三が日の過ごし方

なんと、師匠のブログに
正月三が日お金を使うと、その歳は貧乏

という記事を見つけてしまいました。
去年の記事なので、一度読んでいるはずなのですけど、
すっかり忘れていました。

でも去年は大みそかからインフルエンザにかかったので、
運良く(?)新年は自宅にこもっておりました。

三が日は初詣に行くという方も多いでしょう。
「お賽銭をケッチったらその年はお金に縁がない」という考えの方もいらっしゃいます。

今までのやり方で上手くいっているのなら、そのままで、
いっていないのなら、考え方を変えてみるのもありかと思います。


関連記事
【こよみ開運】無料7日間メールレッスン
ブレない私になるための暦からのメッセージ、 暦から読み解く毎月の運気予報、 運気の流れに乗るための開運習慣 などをお届けします。

【すうじ開運】無料10日間メールレッスン
生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を 1から10までお話します。 これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります! お申し込みはこちら>>

すうじ開運