toggle
2016-03-17

3つの数字の読み解き(右と左が同じ数字の場合)

数秘

生年月日から導かれる3つの数字。

読み方は
1stナンバー(左の数字)→ 自分の得意なこと、強み
2ndナンバー(真ん中の数字)→ 本質、メインとなる性格
3rdナンバー(右の数字)→ 人生かけての目標・苦手なこと

本来の自分をあらわす3つの数字

ですが、3つの数字のうちの2つ、もしくはすべてが
同じ数字という場合があります。
 

左と右の数字が同じ場合

●○●
得意と苦手が一緒ということは、
得意なのにさらに極めようとする
貪欲、厳しい。
もしくは、謙遜しがちということです。

内側に抱えているものと周囲の評価が違う場合もあります。

たとえば
9・〇・9の方。

左の9は、周囲に気を配り、人が喜ぶことが好き。
右の9は、人の評価が気になり、人の役に立ちたい。

数字には、いい面も悪い面もありますので
現れた方が違ってきます。

左と右の数字が同じ方は、
真ん中の数字(本質)を意識して活かしていくとよいですね。
 


イベント予定

チェック2018年3月9日(金)10時から13時 数字を味方にするためのコラージュフォトつくり

関連記事
【すうじ開運】無料10日間メールレッスン

生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を
1から10までお話します。
これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります!
お申し込みはこちら>>