toggle
2017-08-17

【六十花甲子】丁の人の性格

丁

六十花甲子とは、十干と十二支を組み合わせ、
その最小公倍数である六十干支のことをいいます。

※生まれ日の六十花甲子と納音を知る方法はこちら>>
http://numberstory.net/?p=3986

今日は、十干が「丁(ひのと)」の人の性格を読み解きます。

丁はひのと=火の弟

陰の火の気です。
灯火、ろうそくのイメージ。

丁

ですから、日柱が「丁」の方は
穏やかで、控えめ。

普通の人には見えないものまで見えるように
洞察力が鋭い。

また、心が温かく、人情家。
自分を犠牲にしたり、損をしたりすることも。

情熱的で、燃え上がる激しさを内に秘めています。

繊細で細かいことによく気付き、
鋭い感性と頭の良さから、クリエイティブな仕事に向きます。

十二支で読み分けると、以下のようになります。

六十花甲子_丁

干支4 丁卯(ひのとう)

丁卯

春の野火
集中力がある
度胸があるが神経質
名声に達する
落ち着いて注意深い
いざとなると大きなエネルギーを発揮する

干支14 丁丑(ひのとうし)

丁丑

冬夜の街灯
お坊ちゃまタイプ
粘り強く、とことん掘り下げる
中年以降名誉運財運を掴む
芸術、音楽などの世界で能力を発揮しやすい
祖先の恩恵のもとに生まれる

干支24 丁亥(ひのとい)

丁亥

風前の灯火
感性が良い
勤勉で実直に生活すると吉
一匹狼で真面目
人の幸せに奉仕するのが好き
品性正しく、温厚

干支34 丁酉(ひのととり)

丁酉

山のかがり火
明るく輝く
繊細な神経をもつ
度胸が良く、怖いもの知らず
頭の回転が早く、問題解決能力が高い
芸術的な才能を秘める

干支44 丁未(ひのとひつじ)

丁未

異国への狼煙
静かな強運
穏やかな性格で、無理な世渡りを好まない
一度決心したらどこまでも貫く
底力があり毒舌家
批判力が大きい

干支54 丁巳(ひのとみ)

丁巳

祭壇を飾る松明
人当たりがよく、ソフトなムード
繊細で完璧なものを求める
単独行動を好む
自分の世界で、世の中の注目を浴びる
創作能力、アイディアに富む


イベント予定

チェック2018年3月9日(金)10時から13時 数字を味方にするためのコラージュフォトつくり

関連記事
【すうじ開運】無料10日間メールレッスン

生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を
1から10までお話します。
これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります!
お申し込みはこちら>>