toggle
2016-03-14

数秘的「1」の悲劇

1

強みの数字にトップになる資質である「1」を持っていて
会社でのポジションがサポートだったとき。

本来「1」の方は、指導力、判断力に優れ、
人の先頭に立って、組織を引っ張って行く
リーダーシップを発揮できる人です。

しかも、一番へのこだわりが強く
常に自分がトップでなければ気が済まない性質。

基本的に、人に命令されるのは大嫌いなので
会社でそういうポジションにいる場合、
どこかで「1」を発散していないと
大変なことになってしまいます。

1

たとえば、会社で後輩の面倒見がよく
ちょくちょく飲みに連れて行ってみたり、
プライベートでコミュニティを持っていたり、
家庭内で妙に威張ってみたり。

持っているものは使わないともったいないです。
いや、むしろ使った方がいいでしょう。

でも本当は
お仕事で「1」を発揮できるのが一番いいのですけどね。
まわりが迷惑するから・・・


タグ: , ,
関連記事