toggle
2016-03-13

会社に必要な人材を数字で考えてみた

数字の特徴

組織を動かすためには、適材適所が望ましい。

トップには、トップの資質がある人を。
サポートには、サポートの資質がある人を。

そして、トップ、サポート、調整役
すべての分野があるといい。

数字の役割分担

そこで、数字から会社に必要なポジション考えてみました。

1:社長
2:秘書
3:営業
4:経理
5:IT部門
6:人事・総務
7:研究開発
8:プロジェクト
9:相談役

いかがでしょうか?
数字の特徴が見えてきましたか?


タグ: ,
関連記事