toggle
2017-08-07

干支(十干十二支・六十花甲子)からわかること

干支

干支は
天の気を表す十干
地の気を表す十二支の組み合わせ。
というお話をしました。
http://numberstory.net/?p=4138

日本には色々な「暦(カレンダー)」がありますが、
神社などで配っている「神宮暦」や易で使う「高島暦」などには、
日々の干支や九星が書いてあります。

*こちらは、藤井四段で一躍有名になった将棋会館のお近くの鳩森八幡神社のもの。

神社の暦

*私達が使っている「萬年暦」には
大正5年から平成55年までの暦が載っています。

萬年暦

干支は
年・月・日・時にそれぞれあります。

干支がわかると、

●その日がどんな日か
●その日生まれの方がどんな性格でどんな運勢をたどるか
●その日に出会った方とはどんな関係性になるか

などがわかります。

ですから毎日の「暦予報」は、
この十干と九星とを合わせて読んでいます。

また、人の運勢を読む場合は、
年・月・日・時の干支を組み合わせで読みますが、
これは「八文字占い」として台湾でよくみられ、
四柱推命や紫微斗数に発展していったようです。

たとえば 藤井聡太さんの場合
2002年7月19日生まれですので

八文字_藤井聡太

となります。

明日から具体的に読み解いていきます!


関連記事
【こよみ開運】無料7日間メールレッスン
ブレない私になるための暦からのメッセージ、 暦から読み解く毎月の運気予報、 運気の流れに乗るための開運習慣 などをお届けします。

【すうじ開運】無料10日間メールレッスン
生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を 1から10までお話します。 これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります! お申し込みはこちら>>

すうじ開運