toggle
2016-03-07

親が子供の才能を潰すとき

強み 数字

良かれと思っても親が子供の才能を潰してしまうケースもあります。

せっかくある能力を持っていても
子供の頃、その力を発揮したら
親やまわりのオトナに怒られたので
その力を封印してしまったという場合があるのです。

065

11の子供

これは、「11」のように、
相手が考えていることを察することができたり
なにかがわかってしまう方に多いようです。

言われた方はなんで分かるのか理解できないので
びっくりしてしまうのですね。

066

4と3

親が「4」のようにきっちりマイルールを持っている場合
「3」のような無邪気な子供の数字をもっているお子さんに
「もっとちゃんとしなさい!」と叱ってしまうこともあるでしょう。

067

6と7

親がすごくかまってあげたい「6」で
子供が「7」のように放っておいて欲しい場合も
うまくいきませんね。
(これは、男女間でも起きます!)

違いを知っておくことが
とても大切ですね。


タグ: ,
関連記事