toggle
2017-06-06

もいちど九星気学(1)超入門

九星気学

九星気学とは

九星気学とは、生まれた瞬間の気のエネルギーを9つに分類し、
運勢や方位の吉凶を占います。

*「星」の文字を使っていますが、天文上の実際の星を
意味しているのではありません。

九星には次の9つがあります。

一白水星(いっぱくすいせい)
二黒土星(じこくどせい)
三碧木星(さんぺきもくせい)
四緑木星(しろくもくせい)
五黄土星(ごおうどせい)
六白金星(ろっぱくきんせい)
七赤金星(しちせききんせい)
八白土星(はっぱくどせい)
九紫火星(きゅうしかせい)

水星、土星・・・というように、
どの星にも木・火・土・金・水の五行が割り当てられています。

白、黒・・・と色も割り当てられていますが、
根拠があきらかではなく、地球の磁気の色を現れているなどといわれています。

個人を占う場合には、以下の3つを使います。
生まれ年の九星(本命星)
生まれ月の九星(月命星)
生まれ日の九星

▼生まれ年と生まれ月の九星の出し方はこちらのページからどうぞ。
https://numberstory.net/?p=3432

生まれ年の九星からは性格や内面、生まれ月の九星からは仕事運がわかります。
つまり、年月で外見と内面がわかります。

九星気学の長所

九星気学の最も大きな特徴は、「開運」の要素があることです。
つまり吉方位に移動して、祐気という自然界の恩恵をとることができるのです。

また、開運するために行動すべき時や組むといい人がわかりますので、
目的地にスムーズにたどり着くことができます。

九星の主な特徴

九星


タグ:
関連記事
【こよみ開運】無料7日間メールレッスン
ブレない私になるための暦からのメッセージ、 暦から読み解く毎月の運気予報、 運気の流れに乗るための開運習慣 などをお届けします。

【すうじ開運】無料10日間メールレッスン
生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を 1から10までお話します。 これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります! お申し込みはこちら>>

すうじ開運