toggle
2017-05-31

巳の日は金運!だけじゃない。

金運アップ

巳(み)の日とは

(へび)が弁財天のお使いであるところから、
芸術や財運にまつわるご縁の日で、金運アップに良い日とされています。

とくに己巳(つちのとみ)の日は、
巳の日のなかでもさらに縁起がよく、弁天様の縁日を行うところが多いようです。

巳の日に行うと良いとされること

巳の日.comさんによると、
巳の日に行うとよいのは、以下のことです。

●弁天様へのお願いごと
●弁天様や白蛇様を祀っている神社へのお参り
●財布の新調(お金との縁が保たれる)
●宝くじの購入 など

巳の日

巳の日は十干と組み合わせてチェックせよ!

近藤流ビジネス風水では、
十二支(地の気)は天の気である十干が支配していると考えますので、
巳の日は十干と組み合わせて、以下の通り読み解いています。

乙巳(きのとみ) 乙は木の陰 
この星を踏み台にすると芸能界で成功する
女性が海外で成功する

丁巳(ひのとみ) 丁は火の陰 
甲、乙を燃料にすると財運が良い
丙のマネージャーだと有名になる芸能の星

己巳(つきのとみ) 己は土の陰 
男は運がいいだけ 
女性はこの日を踏み台にすると、晩年に貴婦人の運がめぐる

辛巳(かのとみ) 辛は金の陰
男女とも
特殊な人生を選ぶと開運する

癸巳(みずのとみ) 癸は水の陰
男女とも
芸術などの道を選ぶと成功する

弁財天

ちなみに、弁天様にお参りに行くとよいのは辛の巳癸の巳です。


関連記事
【こよみ開運】無料7日間メールレッスン
ブレない私になるための暦からのメッセージ、 暦から読み解く毎月の運気予報、 運気の流れに乗るための開運習慣 などをお届けします。

【すうじ開運】無料10日間メールレッスン
生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を 1から10までお話します。 これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります! お申し込みはこちら>>

すうじ開運