toggle
2017-06-15

もいちど九星気学(4)吉方旅行

吉方旅行

方位の影響について

自分と相性のよい九星が位置する方位が吉方位です。
吉方位に向かって動くと開運、凶方位に向かって動くと運を下げると考えます。

近藤流ビジネス風水では、極北を使います。
地図の真北のことで北極星を真北とみるやり方です。

旅行の場合は、五黄殺、暗剣殺、本命殺、的殺を避けます。

移動距離と宿泊日数によって、
見るべき方位盤が変わってきます。

また、方位はアナログですので、ここからここまではこの盤と
きっちり分けることはできません。
気になる場合は、両方見るとよいでしょう。

●8000km以上なら年盤を利用します。
(月盤・日盤も見ます)

●片道2時間以上の距離で、3泊以上する場合は月盤を使います。

●日帰りで100から120km以下の場合や、
2泊で100km位までは、日盤を使います。

●行くだけで2時間程度の距離で日帰りならば、
(新幹線で行く東京ー>名古屋、東京ー>仙台くらいまで)
五黄殺と暗剣以外は方位の影響はありません。
ただしその日の午後10時までには帰りましょう。

吉方旅行

吉方旅行

凶方位以外で、以下の方位に3泊以上行くと、
その土地のエネルギーを頂けて運がついてきます。

おいしいもの、特に地のものを食べ、温泉に入りましょう。

●九紫の方位:仕事運、名誉
●八白・七赤の方位(西):金運
●六白の方位(北):恋愛運

凶方位の影響

凶方位に向かった場合は、以下の影響を受けます。

●本命殺・的殺:自滅、失言
●暗剣殺:怪我、ホテルの火災、電車の事故など
●五黄殺:じわじわ20年くらいかけて効いてくる
(行ってしまった場合は、五黄殺切りの旅行をすることで
 ある程度避けることができます)

*方位を調べるのには、あちこち方位が便利です。


https://h200.com/houi/


タグ: ,
関連記事