toggle
2017-06-14

もいちど九星気学(3)六大凶殺方位

六大凶殺方位

九星気学では、「動くことで吉凶が生じる」と考えます。

つまり、吉方位に向かって動くと運気が上がり、
凶方位に向かって動くと運気が下がります。

吉方位や凶方位は、万人に共通するものと、個人ごとに異なるものがあります。

六大凶殺方位

気学において、移動・はじめごと・旅行などで、
絶対的に避けるべき方位が六大凶殺方位です。

六大凶殺方位は
五黄殺方位 暗剣殺方位 本命殺方位 的殺方位 歳破殺 月破殺
の6つです。

五黄殺方位

年盤・月盤・日盤・刻盤で、五黄土星のいる方位を五黄殺といいます。
(暗剣殺と向かい合った方位)

五黄土星は、後天定位盤では中宮に位置し、
最も強いエネルギーがあり、他の星を支配する帝王の星と呼ばれます。

後天定位盤

五黄土星のある方位は、その強烈なエネルギーにより、
万物を消滅させるとして忌み嫌われます。

五黄殺を犯すと、暗剣殺と同様に全家族が死滅するといわれます。

五黄殺と暗剣殺の違いは、
暗剣殺の場合は他発・他殺ですが、
五黄殺の場合は自発・自殺であるという点です。

また、年の大凶方位に行くと、その影響はじわじわとダメージをもたらし、
その後の60年間を支配するといいます。

暗剣殺方位

年盤・月盤・日盤・刻盤で、五黄殺と向かい合った方位を暗剣殺といいます。
凶方位の中の最大凶方です。

五黄土星の強烈なエネルギーが破壊力となって、
真向いの方位に悪影響を及ぼします。
この方位を犯すと、逃れることはできないといいます。

暗剣殺の方位に向かって移転・縁組・新築・増築・動土・造作等を行うと、
営業も事業も財産も生命も一切壊滅となります。

暗剣殺は、自分の意志によらない妨害なので、病気や怪我(骨折など)に注意です。
また悪口や足を引っ張る方がいらっしゃいます。

*時期と作用は使った方位により異なります。

六大凶殺方位

本命殺方位・的殺方位

本命殺方位とは、自分の本命星(例 一白水星とか四緑木星とか)のことで、
その本命星がある方位を本命殺方位といいます。

本命殺に向かって移転、新築、婚姻等を行うと、
本人に災いがふりかかってくることがあります。

的殺方位は、本命殺の対中の方位です。
(本命殺が北の場合は、的殺方位は南)

的殺とは目的を殺すということで、
その人の根本の希望を破壊し、目的としたことを破るのです。
結婚を目的としてこの方位に行くと結婚が破滅します。

本命殺より的殺の方が重く、歳破と同じような作用ですが
歳破は主として体が破れ、的殺は用(はたらき)が破れます。

歳破殺・月破殺

歳破とは「歳の破れ」であり、年の方位盤につく凶殺で、
その年の十二支(大歳方)がいる方位の真向いが歳破殺になります。

例えばその年の干支が子(北)であるなら
歳破殺は午(南)になります。

月破殺も同じように、その月の干支が卯(東)なら
月破殺は酉(西)になります。

歳破殺は勢力の均衡の破れから生じる現象です。
大歳に向かうと自分が破られ、歳破殺に行くと自分で破ります。
歳破は目的、家庭、営業、信用、交際、円満などすべての破壊です。

特に自分の九星に破がつく場合は、必ず契約が壊れます。

2017年の方位は?

六大凶殺方位は、「萬年暦」などの暦にある方位盤で知ることができます。

2017年年盤

*暗剣殺は「ア」、歳破殺・月破殺は「破」と書かれている方位です。

2017年の年盤を見ると、
五黄殺の方位は南、暗剣殺はその向かいの北です。
年の十二支は酉ですから、酉の真向いの卯(東)が歳破となります。


イベント予定

チェック2018年3月9日(金)10時から13時 数字を味方にするためのコラージュフォトつくり

タグ: ,
関連記事
【すうじ開運】無料10日間メールレッスン

生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を
1から10までお話します。
これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります!
お申し込みはこちら>>