toggle
2016-10-24

お坊さんに学ぶ、仏教と神道の違い

お坊さん×神主さん

知ってているようで知らない仏教と神道の違い。

だいぶ前なのですが
テレビ番組『お坊さんに学ぶ知られざる世界SP』の解説がわかりやすかったので
ポイントを書き留めておきます。

そもそも神道は開祖もいなければ教義も教典もない。
儀式に比重を置くスタイルで、
戦後は「宗教法人」として登録されたが、宗教とは異なる。

仏教は、インドの釈迦を開祖とする宗教で、
仏陀(目覚めた人)の説いた教え。

お坊さんは仏様になることを目指すが、
神主さんはあくまで神様にお仕えしている立場。
氏子さんたちが幸せに暮らせるように祈っている。

お坊さんは亡くなった方の冥福を祈るが、
神道は過去も未来もなく「ただいま」を正しく明るく生きる。

仏教の「お経」はお釈迦様の教えをまとめたもので、
神道の「祝詞」は神様に願い事を伝えるため自分で考えた言葉。


関連記事
【こよみ開運】無料7日間メールレッスン
ブレない私になるための暦からのメッセージ、 暦から読み解く毎月の運気予報、 運気の流れに乗るための開運習慣 などをお届けします。

【すうじ開運】無料10日間メールレッスン
生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を 1から10までお話します。 これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります! お申し込みはこちら>>

すうじ開運