toggle
2017-04-16

東洋占星術を採用するということは、運命を受け入れるということ

魂のDNA

子供の頃は、
なりたいものなら、何にでもなれるのだと思っていた。

ちょっと大人になったら、
どうやら人間には向き・不向きがあるのだな、
ということがわかってきた。

さらに経験を積み重ねると、
人生にはちょっとの努力で楽にうまく行く方法があるのだな、
ということがわかってきた。

とはいえ生年月日で、自分の人生が決まってしまうという考えは、
頑張って頑張って生きてきたこれまでを思うと、
にわかには受け入れがたいものがある。

けれど確かに、この世に生を受けてきたときには、
なんら自分の意志は働いていない。
生かされてきたのだ。

ということは、そこになんらかの”大きなもの”の意志があり、
自分がこの世に生まれたお役目があるのだとするのは、
言われてみればそのとおり。

肉体のDNAがあるように、
魂のDNAがあってもよさそうだ。

四柱推命では、4代前の星が自分に影響しているという。
カルマを考えたら、それ以上前からかもしれない。

人はひとりでは生きていない。

お役目があって生まれてきたのなら、
そのお役目を果たすのが、あるべき生き方なのだろう。

それを探るのが、十干十二支九星や四柱推命。

東洋占星術を採用するということは、
運命を受け入れるということなのだ。


イベント予定

チェック2018年3月9日(金)10時から13時 数字を味方にするためのコラージュフォトつくり

関連記事
【すうじ開運】無料10日間メールレッスン

生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を
1から10までお話します。
これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります!
お申し込みはこちら>>