toggle
2017-03-16

人生で無駄な努力をしないために、知っておいた方がよいこと

強みと数秘

自分を客観的にみるというのは、案外難しかったりするものです。

背の高さや目の大きさなど、目に見えるものは
他人との比較が容易ですが、
思考や感情などのように、目に見えないものは、
他人と比べることが難しいです。

若い頃、「自分探し」というのが流行っていて、
習い事をしてみたり、旅に出てみたり、
それそれがそれなりに努力していました。

答えは自分の中にあるから、といわれても
「どこよ!見せてよ!」なんて抵抗して、見つけられずにいたものです。

果たして私達は使命を持って生まれてくるのか?という話は
また別のときにしたいのですが、
少なくともこの世になんらかの学びを得るためにやってきて、
それをやりきるための環境やら肉体、
そして資質というものは、持って生まれたように思います。

なので、生年月日を手掛かりに、
自分の持ち物を点検するのが、数秘とか占星術なのだと思います。

自分が得意なことが
物事を始めることなのか
加工・修正させることなのか
クロージングすることなのか

自分は考えてから動くタイプなのか
動きながら考えるタイプなのか

自分に軸があった方がいいのか
他人に軸があった方がいいのか

そんなことがわかったりします。

どこまでわかるかというのは、術によって違っていて
数秘はレントゲン
占星術はMRC
のようなかんじで、診断することができます。

たとえば数秘では
プロジェクトや仕事を進めるために必要な資質を
1から9までの数字に当てはめています。

1はまずアイデアを出して始める人
2はそれをサポートする人
3は自由な発想で広げる人
4はそれをきちんと形にしようとする人
5は最新情報を得て知恵を出す人
6は全体のバランスをとる人
7は独自の観点を出す人
8はエネルギッシュに営業する人
9はとりまとめをする人

というように。

自分がどのタイプなのか。
どれが得意で、どれは頑張ればできて、どれができないのか。

まずそれを知って、できることをやると決める。
でもこれだけでは十分ではなくて、
できないことを軽々とやってくれる人が現れると、
とたんに物事がうまく回りはじめたりするのです。


イベント予定

チェック2018年3月9日(金)10時から13時 数字を味方にするためのコラージュフォトつくり

タグ: ,
関連記事
【すうじ開運】無料10日間メールレッスン

生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を
1から10までお話します。
これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります!
お申し込みはこちら>>