toggle
2017-03-11

天の命令を知るための十干十二支

東洋占星術の基礎知識シリーズ。
そもそも占いとは?というところから話を始めたいと思います。
やがて地球が生まれて、陰陽五行思想となる
戦わずして勝つための東洋占星術活用法
の続きです。

戦わずして勝つためには

天=タイミング
地=行動する舞台
人=民衆を味方につける術

を知る必要がある、というところまでお話しました。

十干十二支九星

世の中は天地人で回っていて、ということは
十干十二支九星に支配されています。

天の気(十干)とは
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

地の風(十二支)とは
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

人の和(九星)とは
一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫

十干十二支九星を知ると、現在地がわかり、
ゴールに向けて行動する時期を見ることができます。
(どうなりたいのかが大事)

相場や気象も読むことができます。

十干(じっかん)

「木火土金水」の五行を、陽である兄と陰である弟に分類すると、
十干の配当になります。

兄(え)と弟(と)で「えと」です。

十干は、天干ともいい、
天からの今世生きる意味と命令が内包されています。

木→甲(陽・木の兄)、乙(陰・木の弟) 仁
火→丙(陽・火の兄)、丁(陰・火の弟) 礼
土→戊(陽・土の兄)、己(陰・土の弟) 信
金→庚(陽・金の兄)、辛(陰・金の弟) 義
水→壬(陽・水の兄)、癸(陰・水の弟) 智慧

仁:威張ることなく、他人のために思いやりを持って尽くしなさい
礼:銭金を抜きにして道徳や倫理(ルール)を守りましょう
信:人を欺かないように、誠実に。他者に対する心を開いて、信用を積みましょう
義:私欲を抜きに、正義と公正を持って生きなさい
智慧:学問を重んじなさい。決してエセ科学を信じないように
   得た知識を人々に広め、万民の生きていく知恵としなさい

人は宇宙の指令で動いています。
その指示の通りやらないと、同じことをなんどもやることになってしまいます。

十二支

十二支は、六陰六陽、または、地支ともいい、
植物の成長過程を時系列に表した象徴です。

木→寅(陽・木の兄)、卯(陰・木の弟)
火→午(陽・火の兄)、巳(陰・火の弟)
土→辰・戌(陽・土の兄)、丑・未(陰・土の弟) 土用
金→申(陽・金の兄)、酉(陰・金の弟)
水→子(陽・水の兄)、亥(陰・水の弟)

十二支は、古代中国の人にとっては、
月や季節、時間の推移を表す符号でした。

干支暦とは、十干と十二支を組み合わせ、
その最小公倍数である六十干支で表記された暦のことをいいます。


関連記事
【こよみ開運】無料7日間メールレッスン
ブレない私になるための暦からのメッセージ、 暦から読み解く毎月の運気予報、 運気の流れに乗るための開運習慣 などをお届けします。

【すうじ開運】無料10日間メールレッスン
生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を 1から10までお話します。 これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります! お申し込みはこちら>>

すうじ開運