toggle
2017-02-11

2017年2月11日(建国記念の日)のこよみ語り

カバラ九星

東洋占星術の叡智にカバラ数秘のエッセンスを加えて
日々の過ごし方を書いています。

西暦2017年2月11日(土)
2017年の干支は丁酉、一白中宮、サイクル1
2月の干支は壬寅、八白中宮、サイクル3

今日のワンポイント

2月11日 己巳 三碧中宮 サイクル5 獅子座満月
女性に限って良い日。何事も粘り強く。出歩くと吉
男性は今日は家から出ないのが吉

天の気(十干)は己(土の弟)。よく手入れされた畑。
地の風(十二支)は巳。万物がすでに成長した状態。
人の気(九星)は三碧。キーワードは目覚め。
サイクル5は、成長。

サイクル5

1で種まきをして、3で芽が出て、
5はさらに伸びで葉が生い茂ってきた頃。

枝葉が伸びると、雨に当たったり、風に吹かれたりの
抵抗が大きくなる。

育っているからこそ、影響が大きくなる。
でもそれは、花を咲かせるために必要なこと。

自分自身の成長に伴って、環境が変化して
人生のステージが変わっていくのです。

もっと大きく、もっと自由に。

5を持っていない人から見ると、
5の自由奔放さがちょっとうらやましいです。

建国記念の日

今日は、建国記念の日。
「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966年に定められました。

建国記念日ではなくて、建国記念日。

建国記念の日は元々、明治6年に制定された「紀元節」という祝日でした。

紀元節は、古事記や日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇が、
大和の橿原の宮で即位したとされる日、
辛酉元旦(現在の暦に直すと紀元前660年2月11日)を
日本の紀元(歴史が始まる最初の日)として、祝日になりました。

戦後はGHQの意向で一旦廃止させられましたが、
昭和41年にあらためて国民の祝日に加えられました。

建国記念日」でないのは、史実に基づく建国の日とは関係なく、
建国されたという事実そのものを記念する日だからだなのだそうです。

皇紀とは、神武天皇が即位したとされる年を元年(紀元)とする日本独自の紀年法で
日本では明治5年に公的な暦として制定され、戦前は元号と共に用いられていました。

西暦2017年は紀元2677年になります。

カバラ九星の叡智で、Happyな人生を!


関連記事
【こよみ開運】無料7日間メールレッスン
ブレない私になるための暦からのメッセージ、 暦から読み解く毎月の運気予報、 運気の流れに乗るための開運習慣 などをお届けします。

【すうじ開運】無料10日間メールレッスン
生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を 1から10までお話します。 これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります! お申し込みはこちら>>

すうじ開運