toggle
2017-01-26

占いや統計学は相手を輝かせるためにするものだと思う。

数秘 伝え方

数秘の読み解きをする場合、
同じことを伝えるのでも

たとえばの方に
1)「あなたはサポート役で、地味にコツコツ続けるのが得意ですね
というのと、

2)「あなたは物事を現実化するのが得意な、優秀な参謀です
という場合。

受け取る方は全く印象が異なりますよね。

お相手の方が、新入社員ですぐ辞めちゃいそうな方だったら
1)の方が適切かもしれない。

でも、これから起業しようとしている方、もしくは起業している方だったら、
2)の方が断然いいですよね。

のイメージをどう言語化するかは
ひとそれぞれ。

どの情報を選び、どんな言葉を使うか。

読み手の責任は果てしなく大きい。
下手をするとその方の一生を左右してしまうから。

占いや統計学は、
その人が本来持っている魅力に気付いて
もっと輝かせるためにするものだから
お相手の方がどんな状況で、何を求めていて
どんな言葉が響くのか
よくよく考えてお伝えしたいと思っています。


関連記事