toggle
2017-01-23

日本出身力士19年ぶりの横綱昇進へ・・・稀勢の里

相撲

なんとまあ。
19年ぶり!!だそうで。

稀勢の里 横綱昇進!

64代 曙太郎 ハワイ 1993年3月から2001年1月(初の外国出身横綱)
65代 貴乃花光司 東京都 1995年1月から2003年1月
66代 若乃花勝 東京都 1998年7月から2000年3月
67代 武蔵丸光洋 ハワイ 1999年7月から2003年11月
68代 朝青龍明徳 モンゴル 2003年3月から2010年1月
69代 白鵬翔 モンゴル 2007年7月から現役
70代 日馬富士公平 モンゴル 2012年1月から現役
71代 鶴竜力三郎 モンゴル 2014年5月から現役

若貴兄弟以降、日本人の横綱はいなかったのですね。

相撲といえば、日本の国技

相撲の起源とされるのは、古事記にある
タケミカヅチとタケミナカタの国譲りの戦いだし、
野見宿禰は相撲の始祖として祭られています。

また四股は、土中の邪気を払う儀礼でもあります。

だからといって、日本人が横綱でなければいけないということはないのでだが、
やぱりうれしいニュースです。

ということで、数字をみちゃいます。

稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか )さん

1986年7月3日生まれ

3・7・1

左の3
この方、可愛がられる人のようですね。
ひとつのことしかできないとおっしゃっているそうですが、
まさにそれが3。
純粋な子供のまま、好きな相撲をとれるといいのですが、
横綱の重みに頑張って耐えて欲しい!

真ん中の7
フィギュアの選手にも多い職人の7
ひとりで黙々と努力する人。研究熱心。

右の1
で、目指すところはトップです。
この方が日本の相撲界を引っ張ってくれるでしょう!

30歳で子供の数字3から一人の数字7に以降していますが、
まさに30歳で7が開花したかんじです。

サイクルもちょうど1。
新しいタイプの横綱像を作って欲しいものです。

おめでとうございます!


イベント予定

チェック2018年3月9日(金)10時から13時 数字を味方にするためのコラージュフォトつくり

関連記事
【すうじ開運】無料10日間メールレッスン

生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を
1から10までお話します。
これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります!
お申し込みはこちら>>