toggle
2016-02-26

強みが自覚できないとき

強み

占いでも統計学でもあるかと思うのですが、
数字を見させていただいて
「○○が得意なはず」と申し上げると
「そんなことないです!!」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

強みを自覚していない場合です。

強みが自覚できない理由

これには3つの原因があります。

1つ目は
当たり前すぎて、それが強みだと思っていない場合。

強みはできてしまうことなので、
自分にとっては、すごくもなんともない。

だから、周りができないと気がつかないのです。

特にスピリチュアル系の能力は
(見えるとか感じるとか)
このケースが多いようです。

数字と強み

2つ目は
周りがもっとすごいので、
自分はまだまだだと思っている場合。

セミナーの受講生で、
家族みんなが「1」を持っている方がいらっしゃいました。

だから家族内では、自分の「1」を活かせない。
まわりの方がすごいのです。
そしてお仕事では「2」のポジションにいらっしゃいました。

ちょっともったいないですね。

強みはギフト

3つ目は
そもそもそんな力があるなんて思ってもいない場合。
気づけなければ使えません。

この場合は、まず「ある」と思って、
使ってみることです。

強みは、この世で生き抜くために
前世から受け継いだギフト。

使わない手はありません。


イベント予定

チェック2018年3月9日(金)10時から13時 数字を味方にするためのコラージュフォトつくり

関連記事
【すうじ開運】無料10日間メールレッスン

生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を
1から10までお話します。
これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります!
お申し込みはこちら>>