toggle
2016-12-21

2016年12月21日のこよみ語り(冬至version)

こよみ語り

東洋占星術の叡智に数秘のエッセンスを加えて
日々の過ごし方を書いています。

西暦2016年12月21日(水)
紀元2676年 旧暦11月23日

年のサイクル9 月のサイクル3 日のサイクル6
年家九星:二黒 月家九星:一白 日家九星:五黄
年の干支:丙申 月の干支:庚子 日の干支:丁丑

6は愛情。
身近な人との人間関係を見直すとき。

覚悟が試されるようなことがあるかも。
10年後誰と一緒にいたいですか?

冬至について

冬至は、1年で最も昼が短い日。
太陽の力が弱まるので、陰のエネルギーが強いと言われています。

陰極まって陽となす。
太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では、冬至を1年の始まりとしていました。

ちなみに冬至には「ん」のつくものを食べると、
運が呼びこめるといわれています。

今日のワンポイント

忘年会とかちょい飲みのお誘いが来るので、
仕事は午後1時までに片づけよ

カバラ&九星の叡智で、Happyな人生を!


関連記事
【こよみ開運】無料7日間メールレッスン
ブレない私になるための暦からのメッセージ、 暦から読み解く毎月の運気予報、 運気の流れに乗るための開運習慣 などをお届けします。

【すうじ開運】無料10日間メールレッスン
生年月日から、その方の本質や、強み、お役目、人生の目標を読み解く方法を 1から10までお話します。 これを読めば、数字読みの手の内すべてわかります! お申し込みはこちら>>

すうじ開運