toggle
2016-02-24

自分の数字を受け止め、無駄な努力をしない

数字の強みを活かす

そもそもワタクシ、数字的には
全く起業に向いていないのです。

4・6・6

つまり
数字の成長サイクルでいうと
真ん中の数字しか持っていないです。

1・2・3の始める力
7・8・9のまとめる力

ないです。

だから
「始まらないし、まとまらない」

さらに数字の役割分担でいうところの
3・5・8

つまり、営業力もない。

強みと弱み

しかし!

4・5・6の調整、修正は得意。
6なんて、ダブルでありますから。

つまり
もともとあるフォーマットに沿って自分でやりやすいようにする
ことはできる。

だったらここで勝負する。

ないものはできないですから
誰かにアドバイスをもらうとか
やってもらうとか。

なんとか他力を使う方法を考えるべきなのです!

まずは、ないと知る。
そして、無理矢理自力でやろうとして
無駄な努力をしないことが
大事なのではないでしょうか。


関連記事