toggle
2016-08-19

まさかの銀メダル。吉田沙保里選手、ありがとう!

オリンピック

おそらく日本中が期待していて
一番金メダルをとって欲しい、
いやとらせてあげたい選手だったのはないでしょうか。

オリンピック日本選手団の主将・吉田沙保里選手。

なんという試練を神は与えたのでしょう。
もちろんご本人が一番辛いのですけど
私達も衝撃を受けました。
あらためてオリンピックの偉大さ、すごさを感じました。

5回連続で、主将は金メダルをとれないというジンクス。
霊長類最強といわれてマスコミに追いかけられる日々。
直前の後輩たちの大活躍。
自分自身の年齢とともに感じるであろう肉体の衰え。

本当に色んなものと戦っていらしたのだと思います。
勝手に夢を託してしまってごめんなさい。

吉田沙保里さん
1982年10月5日生まれ

昨日メダルをとった3選手が真ん中に持っている5を
左(得意)でもっています。

これは、吉田さんリスペクトです!

そして本質は8。
8は、エネルギッシュ・多才・負けず嫌い。

確かに歌を歌ったりアイドルの真似をしたり、多才でいらっしゃる。
テレビでも人気者ですね。

そして右の6。
6は、優しくて愛の数字。
右にあるということは、無償の愛を探求していくことがテーマ。

これからどうされるのでしょう。
リベンジされるにして
指導者になられるにしても、
すばらしい御活躍を祈っております。

金メダルのみなさん

※読み解きは こちら

伊調馨さん
1984年6月13日生まれ

登坂絵莉さん
1993年8月30日生まれ
・11

土性沙羅さん
1994年10月17日生まれ

川井梨紗子さん
1994年11月21日生まれ

やっぱり5をおもちでしたね。
なので、吉田さんを超リスペクトです。


関連記事