toggle
2016-07-17

リーダーのポジションにある人が、リーダーの数字を持っていないとき

リーダーの数字

数字使いでは、1、9をリーダーの数字とみています。

3・5・8はムードメーカー
1・9リーダー、6は中庸
2・4・7はサポートタイプ

CapD20160629_1

だからね、
リーダーの立場にある方に、この数字を持っていないことを伝えると
かなりショックを受けられます。

しかも、部下の子が1とか9だった
ちょっとヤバイ・・・

でも。

安心してください!

リーダーだからって、
自分が先頭に立って、ぐいぐい引っ張ればいいという訳ではありません。
(これ、ね)

現に、はどちらかというと影のリーダー。
孫悟空でいうお釈迦さまみたいな。

だから、ご自分の強みで
リードしていけばいいのですよ。

得意分野 数字

たとえば、この分野なら誰にも負けないという知識をもっていて
みんなから尊敬されるリーダーとか(っぽい)

盛り上げるのが上手でみんなで楽しくできるとか(っぽい)

情報通で、スピーディでリスペクトされるとか(っぽい)

気を使うお母さんみないな心遣いでまとめていくとか(っぽい)

そして、もし部下の子がとかを持っていたら、
その方にある程度の権限を与えてあげて
リーダー欲を満足させてあげるといいですね。


関連記事