toggle
2016-07-07

七夕と五節句

七夕

7月7日は七夕(たなばた・しちせき)
一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつです。

七夕の起源には諸説ありますが、

1)もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)
2)織姫と彦星の伝説
3)奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)

が合わさって生まれたといわれています。

七夕

棚機」とは古い日本の禊ぎ行事で、
乙女が棚機(たなばた)という織り機で着物を織って棚にそなえ、
神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり、人々の穢れをはらうというもの。

選ばれた乙女は「棚機津女(たなばたつめ)」と呼ばれました。

乞巧奠」とは、中国の行事で
7月7日に織女星にあやかって、はた織りや裁縫が上達するようにと
お祈りをする風習から生まれました。

笹

また五節句とは
人日(1月7日) 上巳(3月3日) 端午(5月5日) 七夕(7月7日) 重陽(9月9日)
の5つで、
奇数の月と日が重なる日(1月のみ1月1日は元日で別格なので7日)です。

五節句の「節」というのは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目で、
奇数(陽)が重なると陰になるとして、
それを避けるために、「避邪(ひじゃ)」という
季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという行事が行われていました。

人日(1月7日):8のエネルギーの日
上巳(3月3日):6のエネルギーの日
端午(5月5日):1のエネルギーの日
七夕(7月7日):5のエネルギーの日
重陽(9月9日):9のエネルギーの日


タグ: ,
関連記事